ベース打設・アンカー検査|雪国見附の狭小土地(40坪以下)2世帯住宅

ベース打設からアンカー検査

かぶりや定着の点検をしないと打設後は直せないのでしっかり検査が必要です。
かぶりや定着の点検をしないと打設後は直せないのでしっかり検査が必要です。
ベースの打設終了
ベースの打設終了
アンカーセット位置確認
アンカーセット位置確認

アンカーの位置確認は結構間違いが

多いここでアンカー専用の寸法図をオリジナルで

作成してあります。

 

ここに本数、ミリ単位のXY座標が書いてありますので

ひとりでも正確に精度よく図れます。

 

今回は2か所土台のジョイント位置と図面のアンカーが入れ忘れの

間違いがありましたが適切に直させていただきました。

 

これが結構面倒ですが、このひと手間が後々の施工にも影響してきます。

アンカー HD は冶具で固定する
アンカー HD は冶具で固定する
基礎立ち上がり打設
基礎立ち上がり打設
今回断熱100mm+基礎巾150mm=合計250mmの基礎巾施工
今回断熱100mm+基礎巾150mm=合計250mmの基礎巾施工

基礎内断熱仕様ですが

今回100mmのカネライトスーパーEⅢと言う断熱材を使いました。

・熱伝導率が0.028以下(ネオマフォームが0.020以下性能はピカイチだがコスパに欠ける)

・比較的手ごろなコストで入手出来る

・カッターで切断加工出来る

雪国では基礎内部に外気を入れると

足元が冷えてしまいますが基礎断熱であれば

外気を入れませんので真冬でも底冷えしません!!