配管工事|雪国見附の狭小土地(40坪以下)2世帯住宅

先行配管

基本的には躯体の欠き込みは行わずパイプスペースで壁を吹かすようにします
基本的には躯体の欠き込みは行わずパイプスペースで壁を吹かすようにします

ひと昔前は

平気で躯体を切り欠いて

配管をしていましたが

現在は断面欠損を

加味していないところを

むやみに切り欠きません。

そこで壁を少し吹かして

配管をする(PS=パイプスペース)

を造る事で極力躯体の欠損をなくします。

接着剤は透明なので着色してジョイントします。
接着剤は透明なので着色してジョイントします。

意外と配管の接着ミスって

あったりするので

現場で付けた付けてないの確認が

透明な接着剤では分かりずらい

そこで色々改善策を立てて

着色して作業してもらえば

一目で判るのでイージーな配管

ミスが無くなりました。