失敗しない家づくり3歩目

元メーカー営業マンが教える住宅会社の裏話

これから家を建てる方へ参考にしてもらいたい事を

定期的にブログ形式でお伝えします。

住宅業界に長年居たから言える裏側の事情もお伝えできればと

 

建築会社選び方です。

 

建築会社が言うのもなんですが(;^ω^)かんたんにまとめますと

 

正直どこの会社も、家づくりとしては、ほとんど差はありません

 

実際に大手メーカーやビルダーは、地元の職人さんがいないと家は、出来ません。

じゃあ職人さんに直接頼めば、いいのか?でも仕事を、まとめる能力が残念ながらありません。

 

いったいどうすりゃいいんだ!!

 

でも会社としてやってはいけない事があります。それは…

 

1.不動産としての価値が低いつくりをしている(万が一売却したとき資産が激減する)

2.環境に配慮していない(省エネを考えず後々建替えしたときリサイクル出来ない商品ばかり)

3.会社の大小問わず、現場の履歴や記録をとっていない(問題外)

4.ローコストの比率が高い会社は、ダメ絶対だめ(住宅業界の歴史を思い出して下さい)

5.社長さんや責任者の方が、どんな人かわからない(自分の家すべて任せるには不安です)

 

このやってはいけない5つをやっている建築会社って意外と多いんですよ。

インターネットの時代です。情報をよく見て調べると絞り込みが簡単に出来ます。

 

 

次回は、1~5を細かく説明します。

不動産として価値が低いつくりをしているに続く