リフォーム施工例:

築19年の欠陥工事住宅を断熱外壁リフォーム(新潟市)

リフォーム施工例:築19年の欠陥工事住宅を断熱外壁リフォーム(新潟市)
完了後の外観|断熱外壁リフォーム工事
工事前の外観
工事前の外観
工事前の外壁
工事前の外壁

断熱リフォーム工事が得意な住宅会社社長、雪国住宅の坂上(長岡・見附・三条に対応)

 

3人家族、施主様40歳代(自営業)、築19年(平成8年築)

 

「築19年、外壁の痛みが目立ち他社から外壁を上から被せるカバーリング工法を勧められたが、床がブカブカしている所もあり、どうも欠陥があるように感じる。このままカバーリング工法で工事を決めても良いものだろうか?」と、ご相談を頂いた物件です。
 我々が調査に入りますと必要な部材が無かったり、重要な骨組に大穴を開けていたりと数々の欠陥工事が発覚。また外壁からの骨組への浸水も見つかりました。ここを見過ごしたままリフォームしますと見た目は綺麗になっても、欠陥はそのまま残り住宅の寿命を伸ばす事はできません。費用は掛かりますが外壁を全て剥がし、断熱性能を上げながら構造的な欠陥まで解消できる「張り替え工法」をご提案。「これで安心して済み続けられる。冬も家の中が温かくなって、工事して本当に良かった。」と喜んで頂けた物件です。


今回、発覚した欠陥工事

屋根裏の天井断熱材が施工されていませんでした。
屋根裏の天井断熱材が施工されていませんでした。
構造材を貫通した配管。強度に致命的な影響を与えています。
構造材を貫通した配管。強度に致命的な影響を与えています。

絶句。配管が大引を分断。いかになんでも有り得ません…
絶句。配管が大引を分断。いかになんでも有り得ません…
なんと土台が未設置でありました。
なんと土台が未設置でありました。


外壁を剥がしたからこそ分かった内部の傷み

雨水を吸ってぷよぷよになっていた軒天
雨水を吸ってぷよぷよになっていた軒天
配管を貫通した釘。漏水により骨組が腐食。
配管を貫通した釘。漏水により骨組が腐食。

バルコニー部分の骨組が漏水により腐食しておりました。
バルコニー部分の骨組が漏水により腐食しておりました。
押入付近の裏側に鼠のフンと白アリが…
押入付近の裏側に鼠のフンと白アリが…


工事の様子はコチラです

大屋根の天井裏に断熱材(アクアフォーム)を吹き付け
大屋根の天井裏に断熱材(アクアフォーム)を吹き付け
基礎部分にも断熱材(アクアフォーム)を吹き付け
基礎部分にも断熱材(アクアフォーム)を吹き付け

外壁下地は火災に強い火山灰製「ダイライト」
外壁下地は火災に強い火山灰製「ダイライト」
「ダイライト」は石だから白アリも食べる事は出来ません
「ダイライト」は石だから白アリも食べる事は出来ません


ついに工事が完了しました

基礎の通風孔を強制換気システムに変更
基礎の通風孔を強制換気システムに変更
基礎の中の強制排気換気扇
基礎の中の強制排気換気扇

気密性向上に伴い各部屋へ強制吸気の換気扇を設置
気密性向上に伴い各部屋へ強制吸気の換気扇を設置
同じく吸気を各部屋へ
同じく吸気を各部屋へ

今回の工事内容

  • 外壁張り替え
  • 断熱材の入れ替え
  • 窓の入れ替え
  • シロアリ防除
  • 主要構造部欠陥工事修繕
  • トイレ入れ替え


セルロースファイバー断熱材、インプラス等を駆使した断熱リフォーム工事が出来る住宅会社JLECの坂上(長岡・見附・三条に対応)

坂上より一言:

当社の知識と技術を総動員させて頂き、とても腕のふるい甲斐のある物件でございました。調査(インスペクション)で見つかった欠陥や、外壁を剥がして発覚した隠れた傷みなど全て解消させて頂き、安心の我が家に。リフォームにおいて見た目の綺麗さも大事ですが、それ以上に大事なのは建物の性能と価値を向上させる事であると雪国住宅では考えます。
外壁リフォームをお考えの方、今後も住み続ける我が家ですので価格だけで安易に決めず、この際しっかりと構造の問題も解決してくださいね。


ご相談・お問い合わせはお電話ください

住宅相談ダイヤル|長岡・見附・三条

朝10時〜夜8時まで/年中無休「ホームページを見て」とお伝えください【担当:坂上】

※スマートフォンの方はタップすると通話できます


雪国住宅株式会社|長岡・見附・三条|新築・リフォーム・増築・減築